折角買ったのだから長く使いたい。それはウィッグに対しても同じ事が言えるのではないでしょうか。

私もかなり前いウィッグを買った時1回装着した後にケアを怠り、髪が絡んでしまってどうすることも出来ずそのまま破棄をしたというとてつもなく勿体ない経験をしたことがあります。
これといった寿命は定かでは無いのですが、ウィッグはお手入れをきちんとすれば長く使用する事が出来るようです。

まずウィッグのケアというと、洗うケアですね。
外してから、台などにおいて専用スプレーをかけしっかりとかしてあげることで、とじかかりが無くなるようです。
その後、シャンプーでの洗浄となるようですが、ごしごしと自分の毛を洗うような洗い方をすると痛みの原因になってしまったりするようです。
また元々カールがあるなどのクセのあるウィッグですと、折角ついた可愛らしい巻髪がとれてしまうなんて事もありうるようです。
また、ウィッグは最近耐熱性のものもありますが、人工毛のものが殆どとなります。
熱で溶けてしまうなどの可能性もありうるので、ぬるま湯程度で洗浄を行った方が好ましいようです。
それからしっかりすすぎを行い、洗面器にリンスを溶かして浸します。あとは洗い流しなどは必要無く、水気をしっかりと切ってタオルドライの要領でパンパンと叩き、しっかりと水気を取ることを心がけましょう。あとは乾燥させて終わりです。

そう考えると、ウィッグのケアはなかなか面倒にも思えますが、いちいち髪を染めたり切ったりもしないので本当に手軽にオシャレ出来ることは最大なメリットだと思えます。
乾いてから、静電気防止剤を吹きかけると変な広がり方やクセがつきにくいそうですね。
是非これからのウィッグをつけようと思う方是非ケアは怠らないようにこの手法活用してみては如何でしょうか。