こんばんわ。

日差しが強くて紫外線いっぱいで負けちゃいそうな日々です。雨は雨で髪の毛まとまりにくいのでつらいです。

なによりこの湿気がきっつい・・・。毎年毎年やってくるとはいえ慣れません!ムキィ

 

さてさて、怒っても仕方ないので湿気とは上手に付き合っていくとして。

このところ、和食を世界遺産に登録しよう!という動きがあるのを知ってましたか?

私もこの間、ラジオで特集しているのを聞いてはじめて知ったのですが、和食とかそういうものって世界遺産になるの?という疑問からですよね。

実際、農林水産省の公式ホームページには和食を世界遺産に登録推進するためのページがありました。

世界各国で自国の食に関する文化を無形文化遺産として登録する動きがあり、フランス美食術、地中海料理、メキシコ伝統料理、トルコ伝統料理などがすでに登録されているんだそうです。

日本でも昨年3月にユネスコへ登録の提案をしているそうです。登録の可否がでるのが今年の12月だっていうのですからちょっと注目ですよね。

 

確かに、和食は独特な文化を存分に含んだ料理です。それでいて健康的で。

和食は技術もそうですが、調味料などがもう独特ですからね。醤油にはじまり、世界的にはカツオや昆布のダシというのも素晴らしいものだそうです。

さらに、作法や礼儀なども厳しく独特ですから、無形文化遺産に登録されるというのはわかりますし、誇りに思います。

 

ちょっと、なんでもかんでも世界遺産に登録しまくりだねーって思ってたので、こうした誰の目から見ても良いものはどんどん世界に胸を張って発信するべきです。