健康的な女性の方ですと誰もがお持ちの月1約1週間ほどの関わりのある生理。

正直かなり重たい人ですと辛いばかり。その上生理前となると異常なほどの肌荒れにうんざりと何もメリットなんか感じさせないものですが、この周期を味方につけて肌を蘇らせる事も可能とのこと。ちょっと気になってしまいますよね。

まず始めに知っておくべきこと。お肌の調子はコロコロ毎日変わるものだそうです。
昨日と同じなんて事はまず無いそうですね。
女性ホルモンの変動によって、スキンケアが向き・不向きの日が分かれる事もあるそうなのです。そんな些細な変化ですがこのシグナルに敏感になること。
これがまさに美肌を作るコツとなるそうですよ。
基本的に女性の生理は生理スタートから次の生理まで28日周期と言われて居ますが、その28日を4分割して考えて行く事が良いそうです。
まず生理中の7日間この時は、体温が下がりやすく冷えやすい乾燥も起こしやすい時だそうです。そこで大事だとされているケアが保湿。保湿をたっぷり行ってあげる事が良いとされているそうです。
そして生理の終わった8日目~14日目の卵胞期。この時は肌も身体の調子もとてもいいのでは? と、思えます。この時は最も肌が健康的なので、スペシャルケアのマスクや美顔器などのケアを行うにはとても適していると言えるようですね。
そして15日~21日の黄体期前期。この時期から段々肌の力が低下していきニキビが出やすくなる方も多いそうですね。この時から保護をするようなケアを徹底していく事がとても重要だそうです。
そして生理前となる黄体期後期。この時はお肌に対する負荷に完全に弱くなってる時期です。負担がかかるようなケアを極力避ける必要性があるようです。

確かに女性にしか無いもの、この周期肌の変化は著しく割と分かりやすいものなのですぐに実践出来るものではないのかと思えます。現実的にこの手法をエステサロンでも採用しているところもあるそうですね。是非日々肌のチェックをして状態によってケアを改めてみてはいかがでしょうか。