最近私自信プライベートでかなりのストレスを抱えた結果肌に引き起こった衝撃的な事がありました。なんと、口周りにボツボツと汚くニキビが出てきたのです。

昔もニキビに悩まされた時期はありましたが、それも克服しここまで酷いニキビが出てきた事があまりにも久しぶりすぎてどうしてそうなってしまったおろうと、美容関連の仕事に就く友人に相談した結果「化粧品を変えて居なければ明らかにストレスでしょう?」という返事が返ってきました。
やはり肌は心の写し鏡という言葉もありますが、これもあながち嘘では無いように思えますね。

しかし、ストレス性の肌の悩みという事は、”前向きに考えれば一時的”なものには違い無いそうです。つまりその根本的なストレスの原因が解消されてしまえば、キレイになる事も充分にありうるのだそうです。ただしその間ろくなケアをしなければ、悪化をしてしまったり、ニキビの場合跡になってしまったりという事が起こりうるそうです。
そう思うと早速ケアに徹底をしようと思い現在療養中です。
しかし、やはりストレスを溜め込む事は良くない事ですね。
肌にも当然このように異常をきたしてしまったりもしますが、どうやら自律神経の働きが鈍くなり常に身体の中では興奮状態のような状況に陥ってしまう事もあるそうなので、肌の不調だけではなく熱をだしたり気持ちが悪くなったりと体調面にも不調をきたすことがあるそうです。まずはゆっくりと身体を休めてあげることも大切だなと思えますね。
その為には自分自身がリラックスできる方法を編み出すことや、リラックス出来る空間を作る子こと。それ以外にも解消をする方法を考える事も重要なようです。
肌の健康を保つ為にも健康の為にも少しずつストレスに偏った身体を改善していこうとおもえました。