ファミレスにしてもコーヒーショップにしてもここ最近分煙が当たり前になって喫煙者にとっては非常に肩身を狭く感じる時代ですよね。

実はそんな私自身も二十歳の時から仕事のストレスでタバコを吸い始めてしまった喫煙者十年生近くになるのですが……値上がりと共にそろそろ辞めたいなとも思っています。
私が吸い始めた当初は320円ほどだったものが今では440円ほど。ワンコインになってしまうのももうすぐなのでは? と、思いますがそれ以上に肌に対しての負荷が大きすぎるので辞めてしまおうと考えるようになりました。

そのきっかけとなったものが、海外サイトでみかけた喫煙者と非喫煙者の双子姉妹の(40代~50代)の画像です。
非喫煙者の方の方は年相応に見えるものですが、喫煙者の方の方は、顔全体にシワが深く刻まれ血色もとても悪く、くすんだ印象がとても強く非喫煙者の方と比べてプラス10才程に見えてしまうのです。同級生と並んだらプラス10才年上に見えてしまう……これほど屈辱的な事はないですよね。女性ならばいつまでも若くキレイで居たいと思う事が当然であって普通の考えだと思います。
他にも喫煙・老化ワードで検索をかけるだけでも様々な比較画像が出てきますが、正直に喫煙者女性の立場見ると青ざめてしまう程です。

しかし、十年単位のキャリアとなると依存性が高すぎてなかなか止める事がなかなか出来ないとう事が現状です。そもそも吸い始めた理由も理由で習慣化している部分もあるのでしょう。半日吸わないとイライラしてきて何もてにつかなくなってしまう……これではダメだと思い、十年後のキレイの為にも今年から禁煙外来に通おうかと考えています。