ウィッグ


0

折角買ったのだから長く使いたい。それはウィッグに対しても同じ事が言えるのではないでしょうか。

私もかなり前いウィッグを買った時1回装着した後にケアを怠り、髪が絡んでしまってどうすることも出来ずそのまま破棄をしたというとてつもなく勿体ない経験をしたことがあります。
これといった寿命は定かでは無いのですが、ウィッグはお手入れをきちんとすれば長く使用する事が出来るようです。

まずウィッグのケアというと、洗うケアですね。
外してから、台などにおいて専用スプレーをかけしっかりとかしてあげることで、とじかかりが無くなるようです。
その後、シャンプーでの洗浄となるようですが、ごしごしと自分の毛を洗うような洗い方をすると痛みの原因になってしまったりするようです。
また元々カールがあるなどのクセのあるウィッグですと、折角ついた可愛らしい巻髪がとれてしまうなんて事もありうるようです。
また、ウィッグは最近耐熱性のものもありますが、人工毛のものが殆どとなります。
熱で溶けてしまうなどの可能性もありうるので、ぬるま湯程度で洗浄を行った方が好ましいようです。
それからしっかりすすぎを行い、洗面器にリンスを溶かして浸します。あとは洗い流しなどは必要無く、水気をしっかりと切ってタオルドライの要領でパンパンと叩き、しっかりと水気を取ることを心がけましょう。あとは乾燥させて終わりです。

そう考えると、ウィッグのケアはなかなか面倒にも思えますが、いちいち髪を染めたり切ったりもしないので本当に手軽にオシャレ出来ることは最大なメリットだと思えます。
乾いてから、静電気防止剤を吹きかけると変な広がり方やクセがつきにくいそうですね。
是非これからのウィッグをつけようと思う方是非ケアは怠らないようにこの手法活用してみては如何でしょうか。

 

0

ウィッグというとはじめに連想してしまうのがコスプレ用のウィッグ。

日本はアニメやゲームなどサブカルチャーの文化が盛ん故にコスプレをする方もとても多いそうですが、そこで必要不可欠な存在となるのが衣装とウィッグ。
実際に私自身の友人にコスプレイヤーの方が居ますが、武器などの装備や衣装ウィッグ・カラコンとフルセットを考えると1キャラ高くて10万円近い出費になるといっていました。こだわればこだわるほどに価格が値上がりするとのこと。
けれどやはり、そこだけは気は抜けないというふうに言っていました。
やるからには徹底的にナリキリだいと思うのがやはりコスプレイヤーの心理だそうです。

けれど、そこで一番困ることというとウィッグに対して悩むことが多いという話を聞きました。その理由としては話題作品や有名作品・有名キャラともなればそれ専用のウィッグやそれににあったカラコンなども売られていることもあるそうですが、脇役や主人公の友人などモブっぽいキャラクターとなってくると、あったウィッグがなかなか見つからずセルフカットを行い制作を行うなんていうこともあるそうです。
また、あまりにも難しい髪型ともなれば、切り抜きなどを用意して美容院を予約しウィッグカットを頼むことさえもあるそうです。
正直初めては恥ずかしいそうですが、そういったコスプレ用のウィッグカットを頼むお客さんもいるそうで美容師さん側からすると慣れているという場合もあるそうです。
実は私も普段用のウィッグのカットを美容院で頼んだことがありますがとても慣れているといった印象が強かったです。けれどウィッグカット可・不可のサロンもあるそうなので事前に連絡を行い出来るか出来ないかのチェックは必ず行っておいた方が良いそうです。

 

0

ウィッグショップで実際試着して買ったにもかかわらず、帰ってつけてみると何か違う。

そう感じた事はありませんか? 実は私もこの点で以前ウイッグを購入した際とても不安に感じた事があります。
お店でつけた時と全く違ってぺったりとした印象が強く『いかにもウィッグ感』が滲みで出てしまっている。そんな事がありました。

けれど色々と調べた結果、どうやらそれは当然のことのようです。
どうしてお店でつけるウィッグが自然で地毛っぽく見えるのか?
これはやはり沢山の人が使用し、汚れのないように洗浄やケアを行うので段々と地毛となじみやすくなり、より自然な印象を与えるようになるそうです。
勿論購入をするときに受け取るウィッグは最後1品でも無い限り新品のウィッグを提供してくれるのではないかと思えます。
そう考えると、使いこむ程に自然な印象が根付いてくるという事がお分かり頂けるのではないでしょうか。
また、これはネット通販で購入出来るウィッグにも同じ事が言えます。
ネット通販のウィッグは工場製造過程で袋詰めをされたら、購入した人の手に届くまでまず開封をされる事はまずありません。
その所為もあって、全く癖もなくぺったりとしてしまっているのです。

そう考えるとより自然な印象のウィッグをする為には、購入して開封をしたら装着前に一度シャンプーを用いて洗浄のケアを行ってみることが良いそうです。
だいたいウィッグがどのくらいで自然と馴染むようになるか? という所の回数は不明ではありますが、1度2度でも変化があるようです。
まず購入したら洗浄ケア。是非実践してみてください。

0

街を歩いていて「ああ、この人ウィッグしてるな」と分かる人たまにいますよね。

明らかに不自然だと一発で見抜けてしまうものなのです。
私の経歴上では、若い女の子がコスプレ用のウィッグを町中でしているのを見て判別がついたという件があります。
それもそのはず、明らかに髪の質感ではなく「プラスチック製の髪」とひとめみただけで分かってしまったからです。

これがバレないウィッグの選び方

けれど出来れば、ウィッグは自然な見え方な方が良いですよね?
購入方法も通販でも実際の店舗でもウィッグは今簡単に入手することができます。
実際に手にとって見ることのできるウィッグショップに行って試着をして「これなら」と思って購入をしたのは良いけれど、実際家に帰って装着してみると「何か不自然」なんてこともあるのです。
これは、試着用にされているウィッグがいい感じに使用感が表れてきていて、地毛のようになっていているからという事が考えられるようですよ。
やはりお客さんに出すのは新品のもの。新品は工場から出荷された後は特に誰に触られる事もないので、新品独特のツヤ感がかえって際だってしまうこともあるようです。
しかしこの問題は着用しケアをしっかりと行っているうちに、新品のものでも地毛のような質感になっていくものです。
この事い関しては店舗で売られているものや、ウィッグプチプラ通販サイトで売られているものも同じ事が言えますよ。

またウィッグ選びで「不自然に魅せない」ポイントはつむじの位置がとても重要なキーワードを握っています。最近では人工肌をつけたものが多いですが、未だ編み目状のものも沢山あるのでこのつむじ周りの作りが甘かったり毛量が薄いと一発でウィッグバレしてしまうこともあるようです。